生活習慣病が気になる方へ

予防と改善に役立てください

生活習慣病を予防する

ヘルシー料理

「生活習慣病」について、書いて字のごとく毎日の習慣が原因で起こるさまざまな種類の病気のことを表しています。ですからこれを予防するためには、この発症につながる生活習慣を改めることが効果的です。
ではどのような生活習慣がそれに該当するかと言うと、まずは食事です。食べ過ぎや早食いと言った食事の仕方に関しての習慣は勿論のこと、栄養が極端に偏っている、糖質や塩分、脂質やカロリーが極端に多いと言った食事内容に関する習慣も、生活習慣の発症につながるとされています。それから喫煙習慣です。喫煙は、血管に多大なダメージを与えることから、様々な生活習慣を引き起こす要因とされています。いきなり止めるのが無理な方は、まずは1日の喫煙本数を減らすことから始めてみると良いです。そして運動を全くしないことです。運動には血流を促進させる効果や、カロリーを消費して肥満を防ぐ効果が期待できます。こうしたことは、生活習慣病予防のためには重要なことです。生活の中でほとんど体を動かしていないと言う人は、こまめに少しずつ、体を動かす習慣を意識づけることが望ましいです。
- 参考 -
生活習慣病
禁煙

生活習慣病って、大きく分けると7つくらい

7大生活習慣病

「生活習慣病」というものは、大きく分けると7つくらいになります。 これってご存知でしょうか。簡単に言うと、よくある日本でも有名な3つの疾病にプラス4つの生活習慣病を足した病気のことなのです。
まずはガンです。悪性の腫瘍ができてしまい、時には他の部位にまで転移することもある病気です。
それから脳卒中と心筋梗塞です。前者は脳の血管が詰まる、あるいは破れてしまうことで発症する、そして後者は心臓の血管が詰まったり、破れてしまったりすることで発症する症状です。
そして、新たにプラスした残り4つの病気は、まずは「高血圧」です。脳卒中などのリスクが高まりますね。お次は「糖尿病」で、これは血糖値が関係していて、その数値が高いとさまざまな悪影響を及ぼします。
お次は「腎臓機能に関する病」これは機能の働きが悪くなるもので、最悪の場合「人工透析」ってことになることもあります。最後は、肝臓機能の働きが悪くなる疾患です。
これらの病というものは、予防していてもなってしまうことがありますが、対策しないよりはした方が、気をつけておいた方が絶対にイイと思います。病気になる確率を下げるように努力しましょう。

生活習慣病は40代に入ると

生活習慣病という病気は40代に入ると起こる確率が高くなるです。
それぐらいの年齢のおじ様達が、糖尿病や高血圧、心臓病や脳卒中、肥満などの自慢話のような会話をよく聞くことが多いと思いませんか。
生活習慣病というものは、いくつかの病名のことをまとめて称してあって、はっきりと定められた名称で呼ぶことはないのです。上記で挙げたものをひとまとめって感じですかね。
日々バランス良く生活すれば予防が出来ると思いますが、それがなかなか難しいと言う方は健康診断を定期的に受けることをおすすめしますね。放置すると合併症などでさらに危険な状況に陥ることがあるので気をつけるようにしましょう。
生活習慣病をなめると絶対に後悔すると思います。

血液サラサラの人は生活習慣病にならない

「生活習慣病」とは、人が生活する上で日ごろの習慣づいたことが原因でなる病気のことを指してしるのです。タバコの吸い過ぎでなる病気や、お酒の飲み過ぎでなる病気のことなどです。体内にある臓器や脳などが関係する病気を引き起こすことになるのです。これまでは生活習慣病といえば加齢とともに発症すると考えられていましたが、近年では子供の頃からの生活習慣が基盤となって発症することがわかっています。
しかし加齢は動脈硬化を進行させ、この病を発症させる確率を高めるため意識して注意する必要があります。この病気は、血液や血管と密接な関係のある疾患が多いため、血液サラサラの状態でいることはそのリスクを低下させることができるといえますが、必ずしもそうなるとは限りません。血液を健康にするならDHA・EPA成分がおすすめです。
- 参考 -
DHA
EPA
DHA/EPA

日本人の生活習慣病について

昔のことですが、この病は「成人病」と言われる時代があったのです。おっさんくらいの年齢ならご存知の方が多いのではないでしょうか。そして、この成人というものは20歳のことを指しているのではなくて、30代以上の働くお父さんたちのことを指しているものなのです。
つまりそれくらいの年齢層の人が、加齢を原因としてかかることが多い病気と言う認識だったわけです。しかしその後、それ以外の20代の若者や10代の子供にも糖尿病などが見られるようになり、その原因は加齢ではなく、その人の生活習慣の積み重ねが大きいと言うことから、生活習慣病と言う名称へと変更されました。日本における生活習慣病の患者数は増加傾向にあり、またこれを原因として亡くなる方や介護を要する人の数と言うのも同様です。食文化が豊かなこと、交通インフラが整っていることなどを要因として、食事内容の偏りや運動不足が、日本人の生活習慣病患者の増加理由のひとつだと言われています。また先述した通り、これにかかる子供の数も増えてきており、社会全体の問題と言うこともできます。

生活習慣病で外食での注意点

外食

外食は色々な料理を、自分で料理することなく食べることができるのでとても便利ですし、食事としても魅力的です。
ただし生活習慣病のことを考えた時には、いくつかの注意点も留意してメニューなどを選ぶ必要があります。
どのような点が注意点として挙げられるかと言うと、カロリーと脂質、糖質、そして塩分量です。食事からのこれらの過剰摂取が続くことは、生活習慣病の大きなリスクになり得ることのひとつです。ですから、特に外食を利用する機会が多いと言う方はメニューの栄養表示をよく見て、これらの数値が低いメニューを選びたいです。またどのようなメニューを選ぶのであれ、不足しがちな野菜を摂取することも忘れたくありません。カロリーが低い栄養満点の野菜を積極的に選ぶようにして、食事は野菜を真っ先に食べる習慣をつけましょう。
野菜から食べることによって、それだけで病になる原因を摘むことになるのです。簡単なことで予防になるなら楽でいいですよね。

野菜ジュースと生活習慣病対策

野菜ジュース

平成の時代に入って、日本も食生活が昭和の時代と比べるとかなり様変わりしました。食文化の「欧米化」ってヤツです。
そのおかげで「生活習慣病」というものが大きく取り上げられる事態にもなっていますね。予防としては「野菜ジュース」が効果が高く、最近では多くの方が飲むようなことになっていて注目のアイテムとされています。
ここでは軽く書いていますが、野菜は本当に重要な食材だと思います。
栄養満点で食物繊維も摂れますし、飲み過ぎるってことも難しいでしょうから、予防としてはベストではないでしょうか。生活習慣病対策としては一番手でおすすめできます。太ることを予防できますし、体内の健康にも働きが高いこともありますしね。野菜ジュースを毎日の習慣にしましょう。