視力の低下が気になる方へ

健康成分で予防や改善が出来る

目の健康に良い食べ物

アスパラガス

目が疲れたら、目に良い食べ物を取るようにしましょう。毎日運動して新陳代謝をあげ、たくさんの野菜などを摂りながら体に良い食事を食べましょう。食事は、次の成分に気をつけ意識してなるべく摂るようにしましょう。
ビタミン系の成分、AやB群、C、E、など、他にも視力の健康に役立成分はいろいろとあります。自分に効果があるものを探してみましょう。
ビタミン系の食品を軽くご紹介します。
ビタミンAは、ロドプシンの合成&再合成に働くようです。
動物由=チーズ、卵、鶏卵、うなぎ、レバーなど。
植物由来=ニンジン、アスパラガス、ブロッコリー、パセリ、ほうれん草、緑黄色野菜など。
エネルギー代謝を高める B1、タンパク質を消化する B6、B2やB12が新陳代謝や粘膜保護に効果を発揮し、目の充血などを守り疲れから復活させてくれます。

度入りサングラス

かっこよく決めましょう。度入りサングラスをおすすめしています。度入りサングラスは、大抵こんな感じです。
・市販されているサングラスに度入りカラーレンズ(サングラス用)を入れ替える。
・普通のメガネフレームに度入りカラーレンズ(サングラス用)を入れる。
合理的には、普通のメガネに度入りレンズを入れるほうが良いでしょう。普通のメガネに色が入っただけですから、度数ある方でもちゃんとしたものができます。逆に、市販のサングラスに度入りカラーレンズと入れ替える方法は、デザインのせいなどで合わせづらかったり、レンズは強引に入れることになります。
市販のサングラスに度入りレンズと入れ替える場合はご注意ください。
・使用するサングラスが、規格外にレンズがデカイ。 ・顔にフィットするように、全体の曲がり具合が大きい。

友人のすすめで「レーシック手術」

「レーシック」の存在を知り、また、とても興味を持ったのですが、ずいぶんと長い時間、手術の決心がつきませんでした。コンタクトレンズに対しては、お手入れや、失くした時の悔しい感じに何度も悩まされてはきましたが、レーシック手術に対する不安感がぬぐえなかったのです。それに費用も、アルバイトの私にとっては、非常に高額なものでした。そんな私でしたが、学生時代から仲良い友人が「レーシック手術」を受けたことで自分もやって見る気になったのでした。
その友人は、コンタクトは違和感があり苦手なため、眼鏡を利用していたのです。
でも、必要な時だけかけるようにして「見えるって最高。今までぼやけていたのがバッチリ見えるように。お化粧だって思うがまま」友人は楽しそうに語っていました。生まれ変わったような。
はっきり見えない目でお化粧をするのは、とても大変だったみたいです。私の場合は、コンタクトレンズを使っていたのですが、コンタクトなしで化粧をするのは難しく、見えにくい目での毎日のお化粧が、どんなにストレスか、レーシック手術を受けてから人生が変わったらしく私にも勧めてきたので決意しました。