巻き爪や花粉症が気になる方へ

早めの予防対策がおすすめ

痛くなる前に「巻き爪」も早めに処置しましょう

巻き爪になる前に

重症になると痛みがハンパない。
「巻き爪」はかなり痛いですね。ひどくなると歩けなくなる方も。そんな「巻き爪」について、巻き爪とはご存知のように、爪の左右両端が巻き込んで食い込む状態のことを言います。この巻き爪の症状は特に足の指(親指の爪)にできることがほとんどでしょう。そしてそのまま放っておくと、巻いた爪が指の皮膚に食い込んで激しい痛みを感じるようになったり、出血したりします。足の爪が何らかの理由で横方向へ曲がってしまうと、巻き爪になります。特に足の親指の爪で起こることが多く、症状のレベルによっては巻き爪が皮膚に食い込んで出血、そして炎症も起こしてしまうときがあります。
そうなった場合は、巻き爪とはまったく違う病名になります。
陥入爪(かんにゅうそう)は巻き爪と併発して起こりやすいので、混同されがちです。本来ならば指先を守るはずの爪が、体に打撃を及ぼしている状態というのは不自然です。巻き爪は非常に痛く、多大なストレスになります。
巻き爪は、陥入爪(かんにゅうそう)が絡むと激痛が発生します。ですから、ないとまったく痛みはないのです。
でも、陥入爪(かんにゅうそう)になってなくても、巻き爪が指の肉に食い込めば痛みは起こりますので、どっちにせよストレスが起こらない内に治療したほうが良いでしょう。

「花粉症」は大変ですね。多くの方がお困りでしょう

花粉症の人は年々増加している。それもそのはずだ。去年までなんともなかった人が急に花粉症の患者の仲間入りをする人がいる。なのに花粉症だった人が完治するという事は、いまのところない。そうなのだ花粉症は不治の病なのだ。一度なったら一生付き合っていかなければならない。いま様々な製薬会社や博士たちが花粉症を治す薬を開発するために研究をしているが今だできていない状況です。
症状を和らげることはできても、完全に治すことは現段階では無理みたいだ。花粉症の人は、今の時期本当に辛いが、いつかくる未来のために我慢して耐えましょう。目薬とマスクを絶やさないようにしてね。